【初心者用】プラグインの選定とインストール

2019-10-24

こんにちは。Harurin’s Café のはるりんです。ワードプレスには本当にたくさんのプラグインが用意されていますが、初めてワードプレスでWebサイトを作る人にとっては「プラグイン?」「 何それ?」ですよね。この記事では、そんな疑問に対する答えのほか、プラグインを利用する際の注意点、オススメのプラグインなどについて書いていこうと思います。では、早速この記事の目次からです。

プラグインとは 

プラグインとはワードプレスの機能を拡張するためのツールになります。

ワードプレスはユーザーが自分好みにカスタマイズして利用することを想定して作られているので、汎用性を重視したシンプルな作りになっています。ユーザーが自分のニーズに合ったプラグインを利用し、それぞれのユーザーが自分のワードプレスを作っていくためのツールと言っても良いかもしれません。例えば、「ツイッターなどのSNSと連携するボタンを設置するプラグイン」であったり、「アクセス解析をするプラグイン」、「お問合せフォーム」を設置するためのプラグイン」など、数多くのプラグインが配布されており、インターネットから簡単にインストールすることができます。スマホでいうところのアプリのようなモノと考えるとイメージしやすいと思います。

プラグインのインストール方法

続いて、プラグインのインストール方法です。インストールできるプラグインはワードプレスの公式ディレクトリに登録されているモノに限ります。公式ディレクトリに登録されていないモノの場合は別の方法(アップロード)となりますが、この記事では省略させていただきます。以下、インストール手順になります。

サイドメニューの「プラグイン」→「新規追加」と選択し、インストールしたいプラグインを検索します。お目当てのプラグインが見つかったら「今すぐインストール」をクリック。

インストールが終了したら「有効化」をクリックします。これで、プラグインが追加されたことになります。

※プラグインの追加後、プラグインの設定をしないと本来の機能が発揮されないプラグインがほとんどですが、その設定方法は各プラグインに依存することになりますのでこの記事では省略します。

プラグインの選び方とはるりんが利用しているプラグイン

プラグイン選びは非常に難しいです。

「A」というテーマを使っているなら「X」というプラグインが便利だけど、「B」というテーマにはプラグイン「X」の機能は実装されている。

といったことが普通にあるからです。とは言え、初心者(私もですが)にはどのプラグインを入れれば良いのか解らないと思いますので、「多くのサイトで紹介されているモノ」「信頼できる人が使っているモノ」の中からピックアップすると良いでしょう。参考までに私がインストールしているプラグインをご紹介します。

♯ EWWW Image Optimizer

「 EWWW Image Ootimizer 」は画像を最適化することでWebページのロード速度を向上させるプラグインです。新しくアップロードした画像だけでなく既にアップロードしてある画像も適切なファイルフォーマットで圧縮してくれます。ルクセリタスのHPでも紹介されていました。

 

 

♯ Google XML Sitemaps

Webサイトを検索エンジンにしっかりと認識してもらうためにサイトマップは欠かせません。「 Google XML Sitemaps 」は記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成し、検索エンジンに通知してくれるプラグインです。非常に便利‼

 

 

 

♯ IP Geo Block

ルクセリタスHPで絶賛?されていたので導入しました。「 IP Geo Block 」はWordPressのバックエンド(管理画面領域)、フロントエンド(一般公開領域)に対して、国外IPアドレスからの不正なアクセスをブロック(遮断)できる、高機能なセキュリティ対策のプラグインです。アクセスを許可する対象は国コードで指定できます。

 

 

♯ WP-Optimize

ワードプレスに不要なデータが溜まるとワードプレスの動作が遅くなるので定期的にメンテナンス必要がありますが、この「 WP-Optimize 」はデータベースの中の余分なデータをクリーンアップしてくれ、DB容量を減らしてくれます。一度設定すると、後は継続的に処理が実行され、手間が掛からないのでとても便利です。

 

 

♯ WordPress Ping Optimizer

まず、Pingについて説明が必要でしょう。世の中にはPingサーバーというものがあり、世界中のWebサイトの更新情報を収集しています。ですので、自分のWebサイトを更新した際にこれらのサーバーにPing送信をすると、更新が認知されて検索ロポットが記事を見つけやすくなり、結果としてアクセスアップに繋がる可能性が高まります。

ワードプレスにもこのPing送信機能が付いているのですが、ワードプレスのPing機能は記事を更新するたびに毎回Pingを送信するように設定されています。ちょっとした誤字の修正でもPing送信がされます。しかし、何度もPingを送くっていると検索エンジンからスパム判定されてしまう可能性があります。それを回避するのに有効なのが「 WordPress Ping Optimizer 」です。「 WordPress Ping Optimizer 」を導入するとPingの送信は記事の公開時に一度しか行われないようになります。

 

♯ Edit Author Slug

「 Edit Author Slug 」ワードプレスのユーザー名をバレなくするためのプラグインです。ワードプレスのユーザー名がバレるとセキュリティ上よろしくないのですが、このああたりの解説はこちらの記事をご覧ください。 → ワードプレスのユーザー名をバレないようにしよう‼

 

 

♯ Contact Form 7

お問合せフォームの設置は、サイト運営では欠かせません。「 Contact Form 7 」は、難しい専門的な知識を必要とせずに、簡単にお問合せフォームが作成できるプラグインです。初心者にはとても助かるプラグインです。

このプラグインの使い方はこちらの記事でも紹介しています。 → 【誰でも簡単】お問い合わせフォームの作り方

 

プラグインを利用する際の注意点

最後にプラグインを利用する際の注意点です。

プラグインの種類は非常に多く様々な機能を補完できますが、だからと言って何でもかんでもインストールしていると動作が重くなったり不具合の原因にもなります。また、ワードプレスのバージョンとの相性、プラグイン同士の相性などで正常に動作しない場合もあります。プラグインはあくまで自己責任で利用するようにしましょう。

これでこの記事は終了です。ありがとうございました。