スマホの充電器 まだ純正にこだわってこだわっているの?!

少し前の話しになるが、友人がスマホの充電器が壊れたからドコモショップによって帰ると途中下車した。友人の姿を目で追いながら頭の中で考えを巡らせたのを憶えている。

充電器が壊れたからドコモショップ?
まさか未だに純正品にこだわっているのか?

確かに、私も以前は純正品にこだわっていたが、ある事をきっかけに純正品を使用しなくなっている。

この記事では長らく愛用していた純正品を私が卒業した理由やオススメの充電器を紹介していく。充電器の故障に悩んでいる人、充電器の買い替えを検討している人の参考になれば幸いだ。

純正品を卒業したきっかけ

私が純正品を卒用することになったきっかけは、長く愛用しているXperiaが充電端子をそれまでのmicroUSBからType-Cに変更したからだ。れまでのmicroUSBでは充電できなくなったため、買い換える必要が生じたのだ。

だが、その時は私も純正品を買った。
それまでずっと純正品を使用してきたし、それが当たり前で他に選択肢などなかったのだ。

しかし、事件が起きる。
半年も経たないうちに、充電器が壊れたのである。
しかも1回ではない。半年で2回もである。

原因は恐らくケーブルの断線。
ケーブルの角度によっては充電できたりできなかったりするので、故障の原因はケーブルの断線でほぼ間違いないだろう。
ただ、原因が断線であることにたいした意味はない。故障箇所がケーブルの断線だろうとアダプター部分であろうと充電出来ないことに変わりはないのである。

だが、この断線という原因が私が純正品を買わなくなった理由だ。
すぐにケーブルがダメになるならケーブル部分だけ買い換えればいいのでは?
と思ったのである。

純正でなくても良い理由

だが、今までと違う行動を起こすには勇気がいる。私も純正品以外の商品に手を出すか否か相当迷った。
人間は変化を嫌う。従来と違う行動をとるには自分の中で消化が必要なのだ。
ここから書く内容は、純正品にこだわっていた私が純正品以外の商品を手にする動機付けとした内容になる。
純正品以外の充電器の購入に躊躇している人には是非とも読んでもらいたい。

※そもそも別売り
スマホを含めた携帯電話の充電器は結構前から(2004年頃?)別売りとなっている。
別売りになった理由はこの頃より発売された携帯端末で充電器の共有が出来るようになったからだ。それもキャリア(携帯会社)や端末メーカー関係なくである。
もはや純正品なんてあってないようなものなのだ。

こだけで純正品にこだわる必要がないことを理解していただけると思うが、まだ不安だという人のためにもう1つ耳寄りな情報を提供しよう。それは、” 私が何のトラブルにも遭遇していない” ことだ。
何が耳寄りな情報だと思ったかもしれないが非純正品ユーザーの声としては有益でなかろうか。
ちなみに非純正品を使い始めてから4回スマホを買い換えているが、どの端末でもトラブルとは無縁であったことも付け加えておく。
(iPhoneは本体の付属品としてしょぼい充電器が未だに同梱されているが、その意図は不明。謎と言うほかない)

どんな充電器を買えば良いのか / オススメの充電器

次はどんな充電器を買えば良いのか、充電器の選び方を紹介していく。
充電器の買い替えを検討している人の参考になれば幸いだ。

ACアダプタとケーブルが一体になっていないものを選ぶ

私は充電器の故障のほとんどはケーブルの断線だと私は考えている。ACアダプタとケーブルが一体となっていなければ、ケーブルが断線してもケーブルだけ買い替えれるだけで済み経済的だ。
ACアダプタとケーブルは一体となっていないものを選ぼう。

断線なんかしないから自分には関係ないと思う人もいるかもしれない。
しかし、このタイプの充電器をオススメする最大の理由は、ケーブルのみの買い替えができる点ではなく、1つのACアダプタで様々なデジタル機器を充電できる点にある。

ご存知の通りデジタル機器の充電に必要不可欠なケーブルには、いくつか種類がある。ACアダプタとケーブルが一体となっていなければ、ケーブルを差し替えるだけで様々なデジタル機器を充電することができるのである。

USBポートは複数個付いているものを選ぶ

ケーブルの取り付け口であるUSBポートは複数ついているものを選ぶと良い。

自宅のコンセントがACアダプタだらけになっていないだろうか。
充電するために他のコンセントを抜いていたりしないだろうか。

USBポートが複数ついていれば、1つの充電器で同時に複数のデジタル機器が充電できてしまう。充電が終わるのを待って別の端末を充電したり、他のコンセントを抜いたりする必要がなくなるのだ。

これは旅行や出張などの旅先でもの凄い威力を発揮する。ACアダプタは結構かさばる。いくつものACアダプタを持ち歩くことにストレスを感じていた人は少なくないのではないだろうか。
私はスマホとパソコンに加え、アイコスの充電器を持ち歩いていたが、充電器を変えたことでこのストレスから解消された。買い替えを検討しているなら是非ともUSBポートが複数付いているものを購入しこの便利さを体感してもらいたい。

モバイルバッテリーとしても使えると便利

普段からモバイルバッテリーを持ち歩いている人ならもちろんだが、そうでない人でもモバイルバッテリーとしての機能を備えている充電器を選ぶと良いだろう。モバイルバッテリーなんて必要ないという人も多いと思うが、持っていると何かと便利である。例えば、スマホを充電し忘れて寝てしまったことはないだろうか。
したつもりの充電が朝起きたらされていなかったでも良い。
こんなときに、モバイルパッテリーを持っていればバッテリーを気にするストレスから解消されるのである。必要なければ充電器として家に置きっ放しにしておけば良いだけなので持っていて損はない機能である。

ワイヤレス充電はオススメしない

最近はスマホと充電器をケーブルを介して接続することなく充電できる、ワイヤレス充電なるものが売られている。ケーブルが不要なのでケーブルが断線するといったことは起こらないが私はオススメしない。
ワイヤレス充電は、充電用のパッドにスマホを置くだけで充電ができ便利なように思えるが、充電可能域から少しでも外れてしまうと充電ができず、充電中はスマホがほぼ使えない。これはかなりのストレスとなる。
充電パッドを置く場所も限られてくるため、寝る時に枕元にスマホを置くということも難しく、スマホを目覚ましとして使用することも出来なくなる。
ワイヤレス充電はスマホ依存度の低い人向けであるだろう。

私の使っている充電器の紹介

最後に私の使っている充電器を紹介して終わりにしよう。
私が愛用している充電器は「Anker PowerCore Fusion 5000」である。

Anker社のHPではモバイルバッテリーのカテゴリで紹介されているが、コンセントに直接差し込むことができるため私は充電器として使用している。
モバイルバッテリーのカテゴリで紹介しているだけあって、もちろんモバイルバッテリーとしての使用も可能だ。5000Ahと容量はそれほど大容量ではないが、スマホを2回ぐらい充電可能。ヘビーユーザーでなければ事足りるのではないか。外出先ではモバイルバッテリー、家では充電器と1台2役の優れものである。
急速充電にも対応しているため、充電スピードにも満足。非の打ちどころがない充電器だ。
自信を持ってオススメできる代物なので、充電器の購入を検討している方は是非どうぞ。

雑記

Posted by はるりん