ミックスホストは運営サイトがバレバレ⁉

2019-10-08

ワードプレスを使ってブログの運営を始めたHarurin’s Café のマスター、『 はるりん 』です。今回はわたしが利用しているレンタルサーバーのミックスホストで最初にやっておきたい設定についての記事になります。ミックスホストはそのまま使えるレンタルサーバーですが、これだけはやっておいた方が良いと思います。特にわたしのような初心者の方には是非読んでいただきたい記事になります。では、早速この記事の目次です。

運営しているサイト(独自ドメイン)が丸分かり!?

ミックスホストについて書かれているサイトを見ていると、「ミックスホストでは、設定を変更しない初期状態のままで初期ドメインにアクセスすると、運営しているサイトの一覧(独自ドメインの一覧)が表示されてしまう!!」と注意喚起しているサイトを多く目にします。早速、実際に初期ドメインにアクセスしてみました。すると確かに当ブログのドメインが表示されています。

運営しているサイト(独自ドメイン)が表示されると何が問題なの?

運営しているサイトのドメインが表示されることに何か問題はあるのでしょうか? そもそも、この現象が起きるのは本人以外の人が知っているはずもない初期ドメインでアクセスした場合の話なんですよね?自分以外の人が初期ドメインにアクセスすることなんてないんじゃないの?というのが私の本音でした。(ちなみに、初期ドメインというのは、ミックスホストに申し込みする際に登録した無料のサブドメインのことです。)

注意喚起しているサイトでも、「複数のサイトを運営している場合、何かと不都合が生じるのでは?」といった論調が多いようです。確かに自分がアダルトサイトを運営していたとしたら、そのことは知られたくないのでこの心理は理解できますが、複数のサイトを運営する予定がなければ関係ないことのようにも思えます。注意喚起しているサイトでも「この状態のままではマズい気がする」くらいのニュアンスのものが多く、複数のサイトを運営する予定のないわたしにとっては問題ないようにもに感じました。

しかし、とあるサイトでディレクトリリスティングという言葉を用いてこの現象の危険性について述べているのは見つけます。ディレクトリリスティングという言葉を調べてみると、確かにこれは対処しておいた方が良いかもという結論にわたしは至りました。ディレクトリリスティングについては、こちらのサイトの説明が一番分かりやすかったのでご紹介させていただきます。→ 「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ミックスホストの設定を変更する

というわけで、ここからはミックスホストの設定を変更する方法について書いていきます。ディレクトリリスティングとかいう難しい言葉も出てきましたが、設定の方法はとても簡単です。

まずは、cPanelにログインし、「詳細」にある「インデックス」をクリックします。

フォルダの一覧が表示されますので、「public_html」の文字の部分をクリックします(フォルダのアイコン部分ではありません)。

「インデックスなし」にチェックを入れ、保存をクリックします。

インデックス設定更新の画面が表示されれば終了です。

試しに初期ドメインにアクセスしてみましょう。403エラーの画面が表示されれば無事終了となります。

以上、ミックスホストのデフォルト設定では、「運営しているサイトの一覧(独自ドメインの一覧)が表示されてしまう可能性があるので、設定を変更しておきましょう」というお話でした。